Posted by at

2008年04月30日

KTSテレビ4月19日オンエアの詳細

KTS/なまイキVoice、4月19日パーソナルカラー含め、女性の魅力アップのための特集コーナー。
冒頭のパーソナルカラー診断は、イルドクルール鹿児島/甲斐が担当、ジャッジしました。
http://namaikioa.ktstv.net/e3358.html  


Posted by kazuworks at 00:44Comments(0)カラー

2008年04月30日

カラーとスポーツ

オリンピック代表には残念ながら漏れたが、柔道の井上選手。
記者会見に臨むスーツのネクタイに金色のストライプ。

以前ならここまでアスリート、色に執着したりこだわったりも珍しかったが、最近は色んな場面で目にする。

21世紀、もちろん、色だけでは勝てない、しかし、色を無視しては勝てない。  


Posted by kazuworks at 00:22Comments(0)カラー

2008年04月29日

鹿児島のカラーセラピー色々

カラーセラピーと言うと実は範囲が広く、医療の現場の臨床例のフィードバックから、スピリチュアル的な要素の強いもの、単に見て楽しむものまで多岐にわたる。
ただ、医療行為ではなく、何かが治癒するというものではない。その多くは心のケアや、ヒーリングに貢献すると考えていただければいただきたい。
一時、排他的な団体があり「私たちだけが真のセラピー、他はまやかしのセラピーだ。」と主宰される先生が公言しておられたがあえてこれは間違いであると断言する。
かつての童話作家の金子みすずの言葉を借りれば「色々あってみんな良い」という事。
必要なカラーセラピーは、受ける側の被験者が決める事。

鹿児島でも多くのカラーセラピーを体験する事ができる。
ホームページや雑誌掲載、電話だけでなく、一度事前に訪ねてセラピストの説明を聞いてみる事をオススメする。
簡単なカウンセリングや説明は無料で各セラピストが実施している事が多い。

もし不安であれば友人の方と連れ立って訪問すると安心。
費用や、購入品の有無はカラーセラピーの内容、種類に依存し、多岐にわたる。  


Posted by kazuworks at 12:29Comments(0)カラー

2008年04月28日

パーソナルカラー診断いろいろ

パーソナルカラー診断、実はこれと言った正解は無いのかもしれない。
カラーの専門がそんなことを言うと、元も子もない話と思われるかもしれないが、現実…そう。

なぜ?
答えは色の本質にさかのぼる。
結局、色は感覚。
なので、個々の視覚や色覚による比重が大きく、かっちりとした「物差し」をあてがう事は無理がある。

ただ、唯一大事なカラー診断の要素とは、医療と同じ「コンセンサスが得られるか否か」。
誰しも「好きでもない色」を身につけたりしたくない。
心底「調和の美」を納得することができなければ、ひょっとするとその診断された「マッチする色彩群」はマッチしていないのかもしれない。
また、診断する側も「あなたにはこの色達が似合います」と押し付けるのもナンセンス。
被験者の納得がいくまでしっかりコンサルするのが本来であろう。

良く言われる「好きな色と似合う色はちがう」と言う極論。
しかし、その「似合う色」をしっかり提示、説明できなければパーソナルカラーのプロとしての立ち位置も危うい。   


Posted by kazuworks at 00:14Comments(0)カラー

2008年04月27日

パーソナルカラーを知りたい!

鹿児島で「自分のパーソナルカラーを知りたい」、と言うお声は良く聞きます。
でも同様に「鹿児島でどこで診てもらったら良いのかわからない」と言うお声も同様に良く聞きます。

先日KTS「なまイキVoice」でも、市内山下町のイルドクルール鹿児島は取材していただきましたが、やっぱり「どこで診てもらえるのかがわからない」と言うお声は、我々カラー界の人間も反省しきりです。

もちろん、山下町(天文館山形屋から徒歩7〜8分)のイルドクルールはじめ、市内各所にカラーリスト、カラーコンサルタントはいます。当方の卒業生の方々もたくさん活躍しておいでです。
交通手段、費用、あと、一番大事なジャッジ(診断)の評判等々を判断基準にお選びいただくと良いでしょう。
また、県内遠方であってもイルドクルールのように「出張応談」と言う所もあります、ホームページ等もチェックしてみてください。  


Posted by kazuworks at 16:45Comments(0)カラー