スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2009年01月30日

春休みにパーソナルカラーを知る!

大学生のパーソナルカラー診断が10名様ほど続いた。
お伺いしてみると、彼女らの関心は
(1)就職
(2)モテたい/キレイになりたい
が上位を占める。
4大生であれば、20歳過ぎ、確かに関心事の上位にこの二つが幅を利かすのはうなずける。

そこで、カラー診断が終わり、自身のシーズンを色で把握するためのカラーチャートや、ファッションやメイクのアドバイスシートを差し上げるのだが、単に色だけ提案するのでなく、ファッションイメージまで(たとえば、ロマンチックなテイストがより良い、とか…)提案するので、その後のショッピングや、ワードローブの整理に役立つと好評だ。

確かに、色だけなら大手コスメメーカーはカメラで画像を撮影、PCソフトがマッチするコスメを選んでくれる。しかし、ファッションイメージやテイストまで提案するのは生身の人しかできない仕事。
カウンセリングやヒアリングはPCにはできない。

カラー診断は医療と同じ、人が人を診る。
ぜひ、鹿児島の学生さんももっとパーソナルカラーを知って、充実した学生生活を謳歌するとともに、自己実現のために前進して欲しい。  


Posted by kazuworks at 12:17Comments(0)カラー

2009年01月29日

鹿児島カラーのご案内

「カラーリストの鹿児島の所在地がわからない。」とお問い合わせをいただきました。
この機会に、鹿児島のカラーコンサルタント/イルドクルールの詳細情報のご案内をいたします、こちらでご覧いただけます。
↓VeeSchoolのイルドクルール鹿児島の掲載ページ
http://veeschool.com/school/ken46/46201/78001080003/index.html

★講師陣の画像や、最新の鹿児島校開催のカラーの無料体験講座の情報も閲覧できます。
 ぜひ、ブックマークにお加え下さい。  


Posted by kazuworks at 17:18Comments(0)カラー

2009年01月26日

バレンタインデー+カラーのヒント!

鹿児島のマスコミでも取り上げられると思うが、今年は、「逆チョコ」などと言う、チョコレートメーカー主導の動きもあるそうだ。
そんななかで「ちょっと毎年マンネリ…」と云う鹿児島の方には、ぜひバレンタインデーをカラーで+αの存在感をプラスしてはいかがだろう。

もちろん、チョコレートはじめ、大切なギフトに想いを色に込めると言う方法もある。
ピンクが人気のある色でもあるが、男性諸氏の心をつかむ色は他にも意外とあるもの。

そして、当日の装いのために、パーソナルカラーを診断してもらうというのも、まだ日数もあり有効な手段。
パーソナルカラーを知れば、1ランク上のステキなコーディネイトや、メイクアップ、とても調和したヘアカラーが可能になる。
基本の人のベースの色がわかると言う事は、とても肝心な事。

また、上級者の見せ方としては、自身のテイストとイメージ的にマッチしたお店での食事なども、楽しい会話に花を添えるかも知れない。

まだ1月。
バレンタインデーまでは半月ほど。
ぜひ、お近くのイメージのコンサルティングまでしてくれる心強いカラーリストさんを探してみては?  


Posted by kazuworks at 15:48Comments(0)カラー

2009年01月25日

カラーセラピスト/鹿児島の男性

このところ、鹿児島の男性の方からカラーセラピーについてのお問い合わせをいただく。
ふと見回してみるとカラーセラピー、セラピストは女性が多い事は多い。

男性はしっかりとした理論の裏付けが無ければなかなか興味を示さない。
それだけ合理的な方が多い。
そんな男性が当方に問い合わせをしておいでになると言う事は、手前味噌かも知れないが、男性でも興味を持っていただけるカラーセラピーと解釈していただいたのかも知れない。

残念ながら、当方ではオーラオーマや特化したカラーセラピーは扱わないが、否定しているわけではなく、他にもいくらでも普及に貢献しておいでの方がいらっしゃるので、あえて扱わないだけだ。
九州では鹿児島だけでなく、全九州で取り組んでいる色彩生理心理学(医療現場の臨床データや教育現場からのフィードバックを深く研究したカラーセラピー)は、男性でも十分研究対象になると考える。
ぜひ、ご興味のある方はお問い合わせいただきたい。

もちろん、NPO色ヒトこころでも社会貢献の一環として、このカラーセラピーをカラーアートセラピーとして各地でワークショップを実施して注目いただいている。
言わば、最新の、かつ普遍的なカラーセラピーであると言える。

  


Posted by kazuworks at 00:33Comments(0)カラー

2009年01月23日

カラーリストとは?

鹿児島でも時々目に触れる言葉、カラーリスト。
しかし、まだまだ一般的ではない。

ただ、よく注意して映画のエンドロールとかを見ていると、映画によってはカラーリスト:○○ △□と名前が出て来る。
音楽の世界でも、P.V(プロモーションビデオ)の制作スタッフに、ちゃんとカラーリストの名前が出るものが増えている。
また、理美容業界にあってはあカラーリストはヘアカラーのエキスパートとして確固としたポジションを得ていて、美容室にカラーリストがいる事は何よりお客さんに取っては心強い。はずさないカラーが期待できるからである。
実際、当方も美容関係の方々にカラーのレクチャーをすることも増えつつあり、近年は簡単なレクチャーで終わらず、しっかりとした色彩学を学ぶ事を希望される方が増えつつある。

カラーリスト。
鹿児島でもまだまだこれから楽しみな専門職だ。

  


Posted by kazuworks at 17:41Comments(0)カラー

2009年01月22日

鹿児島でカラーのNPOに取り組んでいます

NPO色ヒトこころ
http://www.colorbank.jp
は、鹿児島でカラーのNPO活動をしています。

カラーで考える社会貢献を掲げ、地域に密着して積極的にカラーのノウハウを還元して行きたいと考えています。
鹿児島県下の色彩専門家の会員も増え、ますます今後活動の輪も広がりを見せる模様。

直近では4月11日(土)に鹿児島市内で二度目の開催となる、公開のカラーアートセラピーのワークショップも開催が決定致しました。
この機会に多くの皆様に、身近な色彩素材を使ってのカラーセラピーを体験していただきたいと思います。

ワークショップの参加募集も、追ってお知らせ致します。
お問い合わせは/080-3227-4799 NPO色ヒトこころ事務局までお願い致します。

また、同ダイヤルで無料カラー相談も受付中です。
初期的なカラー/色彩のお問い合わせ、ご相談、ご質問にお答えしております。
ぜひご利用下さい。

  


Posted by kazuworks at 01:06Comments(0)カラー

2009年01月20日

卒業衣装ならパーソナルカラーで♪

もう1月も下旬にさしかかる。
鹿児島でも一気に大学生の卒業シーズンに突入。
男性はともかく、卒業衣装は女子学生にとっては購入するにもレンタルするにも実に悩ましい問題。
せっかくの人生の晴れのステージ、成人式以上に装いで見せたい。
そこで、色や柄選びもパーソナルカラーを知り、自身のベースの色を意識して選べばコーディネイトも実に充実する。
当然、衣装だけでなくメイクやヘアもパーソナルカラーをメインにセットすれば、周囲の評判も上々な筈。
ぜひ、メイクからファッションイメージまで提案できる最寄りの信頼あるカラーリストさんに診てもらって、一生の宝として欲しい。
また、ショッピングの同行のサービスを提供してくれるカラーコンサルタントもあるので、問い合わせの時に聞いてみるのも一考。
専門家がチョイスに同行してくれるのは、何より心強く、はずすことがない。  


Posted by kazuworks at 16:12Comments(0)カラー

2009年01月19日

鹿児島/篤姫カラー

鹿児島は昨年のNHKの大河ドラマの色も濃厚で、篤姫カラーが県下至る所にありありと残る。
しかし、往々にして観光産業主導の告知やキャンペーンが多くを占める。
そんな中で地元の高校生が、同ドラマをきっかけに郷土の歴史に深い関心をもったと記述された作文を読んだ。
この篤姫カラーが、地域活性とか薄っぺらな言葉で語られるのではなく、県民が郷土を愛し、また、郷土を改めて知るきっかけになれば大いにありがたい。
  


Posted by kazuworks at 09:42Comments(0)カラー

2009年01月15日

買えない色(2)

先日、カラー診断においでいただいた方と数時間後繁華街でバッタリ。
開口一番「先生、診断受けた後、ストールを買いにショップを回るのですが、買えなくなっちゃったんですよ!」と、お助けモードだった。
つまり、カラーチャートを手にしてご自身にマッチする色を探したが見当たらない…とのことなのだ。
私は笑って「じゃ、無駄買いをしなかったってことですね。」と御答えした。
つまり、自身を輝かせてくれるパーソナルカラーのグループがわからないままでは、ショップやブランドに依存して買ってしまう。もちろん、はずす事もある。
しかし、自身を輝かせてくれるパーソナルカラーを知れば、より商品選びは慎重になり、衝動買いも減り、納得のいくショッピングが実現する。
また、これまで色を手がかりにするので、これまで訪れる事の無かったショップや、手にしなかったブランドにトライする事ができ、決してネガティブとは思わない、大きな前進で、積極的。

その事をお話しすると、彼女は安堵感をいっぱいにまた街に消えて行かれた。  


Posted by kazuworks at 19:20Comments(0)カラー

2009年01月11日

買えない色

鹿児島でも、TOYOTAの新しいカテゴリーの車、IQの販売が順調なようだ。
意外とシックな色のラインナップに少し驚くが、時代が肯定する色なのだろう。

当然、そこには買いたい色、買いたくない色がある。

先日もとても良質なハンドニットが店頭にならび、かなり長い時間迷ったが、買えなかった。
色が(編んだ方には失礼だが)悪いのだ。
パステルカラーやシックなカラー、寒色や暖色が入り交じり、マルチカラーとは言いながら「調和」と言う観点からは美しくない配色。

形や素材は良くても、どうしても買えない、それが色だと思う。  


Posted by kazuworks at 23:23Comments(0)カラー

2009年01月06日

鹿児島景観カラーファイル/天文館

鹿児島のサイン(広告看板を含むサイン)はイルドクルールでも長くリサーチを繰り返すが、赤が突出して多い。
かつて、カラーの専門家が「鹿児島は黒である」と結論付けたが、いささか実際とはギャップがあると考えられる。物質的な「黒豚」「黒酢」「黒糖」「黒さつま」「黒麹」等々のイメージが先行したのだろう。
実際の鹿児島の生活者としても、黒がさほど市民生活に長く浸透しているとも思えない。
「赤」は、俗に言う「真赤か/まっけか」、イコール、「おかしか/派手すぎておかしい」とも取られがちな色だが、どうしてどうしてこうして市街地のサインや外装、道行く方の装いの中にしっかり受け入れられている。
しばらく、時々街の景観や風景を切り取ってアップしたい。

  


Posted by kazuworks at 14:07Comments(0)カラー

2009年01月05日

カラーセラピーのワークショップ開催



2009年1月18日(日)、鹿児島県民交流センターにてカラーアートセラピーのワークショップを開催します。
特別な物や専門的な物を必要せず、身近なカラフルな物を使って自由なアートを作るワークショップです。
ただ、今回、早々に募集定員になり公開のワークショップながら応募を締め切らせていただいております。
今後、鹿児島各地で同様のワークショップを開催して行く予定もあり、また皆様にはあらためてご案内いたします。
他に、イルドクルールや、NPO色ヒトこころ主催のワークショップの告知はこちらからも致します。
↓時々チェックしてみてください。
http://www.e-sikisai.com  


Posted by kazuworks at 23:10Comments(0)カラー

2009年01月04日

色で元気に/ユニクロの2009年のコピー

イルドクルールでは、「色で元気に」「カラーでイキイキ」はよく皆様にアナウンスするコピー。
カラー/色彩を積極的に生活に取り込む事で、毎日は一変する。
この新しい2009年のアパレル企業/ユニクロの新春の広告に「色で元気に」と言う一文を見つけ、カラーの専門家としてもちょっと共感したりする。
その通り、色は自由、そしてだれでも取り入れることができる最新のテクノロジー。
ややもすると気落ちしがちな暗い年明けも、「普段着ない色」や、「これまでのワードローブに無い色」など、積極的にトライして楽しむうちに、気分も明るくなると言うもの。
ぜひ、皆さんにあられては「色で元気に」…
ぜひ、今日から身近なところから始めてみられてはいかがだろう。  


Posted by kazuworks at 00:20Comments(0)カラー