スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2009年10月31日

11月8日/ドルフィンポート/カラセラピーWS

いよいよ一週間後の11月8日(日)に、私たちNPO法人 色ヒトこころのカラーセラピストの参加する「オーガニックフェスタ」(ドルフィンポート会場にて開催)が迫って来ました。

もうおそらく台風の心配は無用とは思いますが、おいでになる皆さんのために可能なら天気に恵まれて欲しいと切望します。

ちょっと「特別なもの」と思われがちなカラーセラピー。
私たち「NPO色ヒトこころ」のブースにおいでいただくと、とっても身近なツールでカラーセラピーができることに驚かれるかもしれません。
私たちは、より普遍的なカラーセラピー/色彩心理を御伝えしています。

オーガニックフェスタのサイト
http://www.organic-festa.jp/outline/index.html
NPO色ヒトこころのサイト
http://www.colorbank.jp
  


Posted by kazuworks at 01:29Comments(0)カラー

2009年10月29日

屋外のイベントで不可能なカラー診断



鹿児島だけでなく九州全県で、何度か屋外のイベントで「カラー診断を」と要請いただきますが、イルドクルールでは、おいでになるお客様に精度の高いカラー診断ができないとの理由でお断りしています。

ご存知の様に、屋外、テント内等でのカラー診断はその採光を屋外の太陽光100%で行うことが条件になります。
ご存知の様に、太陽光は日の出から日没まで一時もその色光の色を一定にしてくれません。
色温度(色光の色を絶対温度で表したもの)に換算すると、実に1,800k(ケルビン)〜7,000k以上まで推移し、しかも、太陽が雲で隠れたり、また曇天、雨天で全くその環境光は一変します。つまり、黄みを帯びていた太陽光も、一瞬で青い光に変化するのです。
このことは、パーソナルカラー診断には実に致命的な事です。

色を正しく見たり、色を吟味するためには、環境光が一番重要であることは色彩学の上でも定説。いくら高度なカラー診断のスキルがあっても、環境光の条件が悪い中では誠意ある診断はできません。色を測るハイテクな測色器でも、環境光を一定にしないと計測できないのです。

いささか理屈っぽくなりましたが、すべてはお客様のため戸外でのカラー診断をお断り押している失礼お許し願うとともに、ぜひご理解下さいませ。  


Posted by kazuworks at 21:57Comments(0)カラー

2009年10月29日

ちょうど良い白/Mac




今では珍しくない白いパソコン。
AppleのMacは早くから「白もの」をパソコンに持ち込み成功しました。
この事は続いてiPodをも「白」で成功させました。
今ではすっかり、Mac周辺だけでなく、パソコン回りに「白」の機器がいっぱいです。

ただ、特筆すべきは、この「白」。
クール過ぎず、またウォーム過ぎず、中庸なちょうど良い白を使っているのもポイントです。

Macも短い歴史の中で、ベージュ〜スケルトン、白、そして今はアルミの削り出し筐体にシフト。

他社はまた追随するでしょう。
鹿児島市のAppleのセラー(産業道路/オプシアミスミ1F)には最新のMacが並ぶ中、今回MacBookが10万円を切る価格で店頭に。

こちらは、一度アルミボディになったものを彩度ポリカーボネイトの白いユニボディに戻し、価格もモバイルノートと競合の10万円を切る(約2.5Ghz/Core2Duo)価格で話題です。

このマジックマウスも、白くて画期的です。
当方のカラーコンサルタントも、カラースクールもMac無しでは考えられません。  


Posted by kazuworks at 15:07Comments(0)カラー

2009年10月26日

イメージコンサルティングを鹿児島で学ぶ



イルドクルール/エコールドクルールで学ぶ「イメージ」は、
実際のカラーのコンサルティングでとても重要。

本来イメージコンサルティングと言う分野がアメリカで台頭し、その中のカラーのカテゴリーが特化して日本で広がり「パーソナルカラー」と言う造語(和製英語です)ができた経緯。
言わば、カラーコンサルティングの根幹にあたるイメージコンサルティング。
毎年は開講できませんが、どうしても履修ご希望の方はご相談下さい。

画像は担当講師/松元昌子
(イルドクルール代表)
2009年10月県民交流センター会場にて  


Posted by kazuworks at 17:01Comments(0)カラー

2009年10月25日

カラーで考える社会貢献@オーガニックフェスタ

カラーで考える社会貢献をモットーに、NPO法人 色ヒトこころは、ここ鹿児島でも会員のカラーのエキスパートが活動中です。
http://www.colorbank.jp

昨日のブログでもお伝えしましたが、定期的に鹿児島県内でカラーのワークショップも開催、より普遍的なカラーをお伝えしています。

来月11月8日(日)の鹿児島市ドルフィンポートでのカラーセラピーの出展にもぜひ皆さんお立寄りください。
カラーや色彩に親しんでいただき積極的に取り入れることで、皆さんの心地良い潤いのある毎日のお手伝いになればと、これからも活動して参ります。
  


Posted by kazuworks at 13:59Comments(0)カラー

2009年10月24日

ドルフィンポートでカラーセラピー@鹿児島



鹿児島市のドルフィンポートで、11月8日(日)開催のオーガニックフェスタに
鹿児島で活動しているカラーの専門家の集まったNPO法人 色ヒトこころ(甲斐綾子エリア代表)
では「カラーセラピー」のワークショップで出展。
終日、時間を決めてカラフルなカラーによるセッションを致します。

カラーセラピーが初めての人でも大丈夫。
まず、「カラー/色彩」で癒される事から始めて下さい。
特別な器具や備品を必要とせず、身の回りの一般的な色材(クレヨンでも結構)でできるカラーセラピー。
ぜひ、御出かけください。

オーガニックフェスタのサイト
http://www.organic-festa.jp/outline/index.html
NPO色ヒトこころのサイト
http://www.colorbank.jp

※今回、イベントとして「パーソナルカラーの診断はできないか」とのお声もいただきましたが、採光が不安定な戸外のイベント会場では正確な診断ができないばかりか、診断するカラーリストも集中できないため(普段は静かなマンツーマンの環境で90分ほど診断に時間を必要とします)、カラーセラピーでの出展となりました。
ご希望をおよせ下さいました皆様、ご了承くださいませ。
  


Posted by kazuworks at 15:40Comments(0)カラー

2009年10月23日

オプシアミスミ/Apple,Macはここで



鹿児島でMacを実際さわってみようとなると、オプシアミスミのMacのショップがオススメ。
「カラーがキレイ」「色を管理しやすい」…
と、色を扱う人の心強い味方、Macの最新モデルがいつも店頭に。

今日は、ACアダプターを買い替えに行きましたが、もうApple,MagicMouseが店頭にあって、ちょっと驚き。

今度、マウスだけでなく、リモコンまで一新されます。
カラーリストさんだけでなく、一般のユーザーさんもぜひ。  続きを読む


Posted by kazuworks at 14:55Comments(0)カラー

2009年10月22日

パーソナルカラーの自己診断

よくあるお楽しみサイトの「パーソナルカラー自己診断」。
パズルみたいで楽しいですが、さすがに心配。

もちろん、自己診断して100%そのパーソナルカラーを信頼する人はいらっしゃらないと思いますが、…じゃぁ、最初から紛らわしいから無い方が良いのでは、と考えさせられてしまいます。

たとえば、病気の自己診断チャートを例えます。
これも往々にして問題ありですが、それを鵜呑みにする方もいらっしゃらないでしょうし、自己診断で大病を見逃すケースが無いとは言えません。

要は、自己診断。
誰も責任を持たないと言う事。

パーソナルカラーは、時としてその方の一生を左右する事さえある大事なもの。
ぜひ、専門家やカラーリストに、じっくり時間をかけて慎重にジャッジしてもらってください(私たちは1〜2時間、しっかり時間をいただき慎重にジャッジします)。
また、納得がいかなければ、納得がいくまでジャッジしてもらって下さい。

パーソナルカラーは、ご本人が納得して初めて意味を持ちます。
そのことで、またご自身を見つめなおす、自分を好きになるきっかけになるもの。
納得がいかないパーソナルカラーは、単にカラーリストの押しつけと言われても仕方がありません。

ご本人にフィットしたパーソナルカラーは、思わず声が出るほどハッとする感動があります。  


Posted by kazuworks at 14:06Comments(0)カラー

2009年10月21日

まずご自身をカラーで癒しましょう

イルドクルール鹿児島のカラースクール/エコール・ド・クルールではこの秋10月から「色彩心理セラピスト講座」が複数日設定(平日、週末、甲斐講師、中之薗講師)でスタートしました。

カラーセラピーも国内外で色々研究され、鹿児島でも多くの先生が色の大切さを伝えておいでで、その内容も手法も多岐にわたります。
イルドクルールで学べるカラーセラピーは、欧米で長年蓄えられたカラーセラピーの研究に、日本の医療や教育の現場の臨床例を加えた中道の色彩心理です。

まず、しっかり医学や心理学、そして生理学にベースを置いた理論を学び、まず「ご自身がカラー/色で癒される体験」から始めていかれて下さい。
慌てず急がず、一つ一つの体験が学びです。

イルドクルール鹿児島のサイト(トップページから担当講師のブログも閲覧できます)
http://idckagoshima.web.fc2.com/  


Posted by kazuworks at 17:30Comments(0)カラー

2009年10月20日

コスメをどう選ぶ?鹿児島

さて私自身「男性で良かった…」と思うのは、コスメを手に取って成分表を見たときです。
よくわからない、「タール(石油由来)」「界面活性剤」「防腐剤」等々。
専門用語や化学式はよくわからないので、いったい何が入っているのか怖くてたまりません。

そういうものが、皮膚から吸収される、そして口から体内に入る。
考えただけで不安になります。

単にオーガニックや無添加であればすべて良しとも思いません。
(一部には100%オーガニックをうたいながら、実際の製品がどうなのか検証の必要なものもあるようです)
ただ、ブランドや、色だけが基準ではなく、そろそろ「体」を基準にしたコスメ選びも重要性を増しそうです。

是非一度、お手持ちのコスメの裏面の成分表示をご覧になってください。  


Posted by kazuworks at 11:58Comments(0)カラー

2009年10月18日

カラーリストの仕事@鹿児島

カラーリストの仕事は数えきれないほどあります。
その中で、クライアントさん(女性であれば)のコスメをチョイスして差し上げるのも大事な仕事。
カラー診断を受けた方は、今日からカラーを活かしたいのです。

一方では、パーソナルカラーごとに作られたコスメをご紹介するのも方法でしょう。
ただ、コスメほど、使う方のニーズが多様なものはありません。
中には無添加の肌に優しいものでなければNGの方もいらっしゃるでしょう。
また、中には長年使って来られたブランドで揃えたい方もいらっしゃるでしょう。

確かにパーソナルカラーを前提にした既製品でセレクトする事は、カラーリストも楽ですが、本当にクライアントさんのお気持ちをフォローできているかは微妙です。

そういう理由から、数えきれないコスメの中から、そのクライアントさんのオンリーワンの色のグループをチョイスして差し上げるケースも、より誠意ある仕事だと考えます。

カラーリストは、入念な市場のリサーチを行い、多様化したクライアントさんのニーズに応えて行く努力が常に必要だと思います。
色の選択肢は狭いほどつまらなく、広いほど豊かで楽しい物です。  


Posted by kazuworks at 20:31Comments(0)カラー

2009年10月17日

カラー診断、明るいだけではダメなんです

色彩学だけでなく、光学や照明を学ばれた方は良くご存知ですが、カラー診断も環境の明るさや照明の明るさが「明るければ良い」と言うものではありません。

特に照明には光の量や照度と言うものがあり、また光にも色が含まれています。
いたずらに明るいだけの照明では、カラー診断はできません。
また、過度の照度や光量では、クライアントさんの色による変化が「色が飛んでしまい」判断できません。

もちろん、太陽光が基本ですが、「太陽の直射や戸外で診断すればベスト」…でもないのです。
直射でカラー診断をする人はいないと思いますが、その太陽光も、日の出から時々刻々と光の色(空気中の屈折や諸条件による影響です)を変え移ろうもので一定の光と色光を届けてはくれません。また、一瞬の雲のかげりで、その色光は青みがかかってしまうのを皆さんは気づかれると思います。

そう言う事情から、鹿児島のイルドクルールはカラー診断専用照明を導入して、診断に精度をプラスしています。
専用照明は、理論的な照明の数値と膨大な検証結果から、現時点で最善のカラー診断用照明です。
また、診断はしっかり時間をいただき慎重に行っており、短時間での診断は御断りしています。

一生を左右するくらい重要なカラー診断。
私たちは常に情報を新しくし、鹿児島の皆様に提供して行きます。

イルドクルールのカラースクールは、「エコールドクルール」へ変わります。
http://www.e-sikisai.com/topics.html  


Posted by kazuworks at 16:25Comments(0)カラー

2009年10月16日

パーソナルカラーの効用

パーソナルカラーのメリットを
「10歳若返る」
と説明される方もいらっしゃいます。
もちろん、表現は色々ですが、10歳若返ると言う事はアンチエイジングとも異なり、カラーリストとしては少し違和感も覚えます。

パーソナルカラーとは、自身の個性にフィットする色のグループのことです。
良く言われる、「似合う色」「似合わない色」では基準が曖昧で、「主観」で判断もできる「似合う色」=パーソナルカラーでは、少し寂しい気もします。
(私は個人的には「第三者」から「好きな色」を「その色は似合わない」と言われたくはありません。)

なので、パーソナルカラーは自ずから調和するので、実年齢で無理の無い自然体の個性美を演出できると思うのです。

人は、その年齢年齢ごとに、それぞれの個性美と調和の美を持ち合わせています。
時代はより本質的なものを求めていると思います。

(お知らせ)
お忙しい方のために、カラーコンサルタント・イルドクルール鹿児島はカラー診断照明を常備、夜間のカラー診断もご相談に応じさせていただいております。
ぜひ、アフターファイブに活用下さい。

★早めのご予約をオススメしています。特に週末はほとんど対応できない状況ですが、平日であれば比較的予約が取りやすい状況です。
また、出張(休日平日)のご要望にも応じますのでご相談下さい。
★お仲間や、お友達、また団体様での「カラーの話を聞きたい」「カラー診断をして欲しい」と言うご要望にも、県下または近県で承っております。
他に九州各県からのご要望にも対応させていただいております、他県の方々もご利用下さい。
(福岡、大分、鹿児島にイルドクルールは事務所・サロンがございます)

【ご予約連絡先】
TEL.099-224-7302
イルドクルール鹿児島 /鹿児島市山下町8-6 鹿島ビル3F
http://idckagoshima.web.fc2.com/  


Posted by kazuworks at 13:41Comments(0)カラー

2009年10月15日

少数制で納得いくまでカラーを学べます

鹿児島のカラースクール、イルドクルールは少数制がこだわりの一つ。
大人数での一斉講義では実現できない、きめの細かいレクチャーを心がけます。

大きなカラースクール、小規模のカラースクール、それぞれ利点はあります。
ぜひ、現場で活躍するカラーリストやカラーセラピスと膝を交えながら、「生きた」実践のカラーを学びたい方はオススメです。

イルドクルールは、カラースクールを「エコール・ド・クルール(色彩の学校)」としてリニューアル中です。  


Posted by kazuworks at 00:29Comments(0)カラー

2009年10月14日

目よりカメラが正直

人間の目は実に精密かつ優秀にできています。
その人間の目のシステムを解析し作られたものがカメラですが、実はカメラは正直。

時々、プリントや撮影した画面を見て
「何か黄色(オレンジ)っぽい」
「なんだか青ざめて見える」
というケースがあります。

一般的に言う「色かぶり」の現象です。
厳密に言うと、カメラのホワイトポイント(白色点)の調整で解決もする問題なのですが、往々にして撮影時の「光」「照明」に起因する事が多いのです。

人間の目は、その光や照明に順応して「色」を脳で再認識し、赤は赤として理解します。
しかし、カメラはストレート。

夕方近い時間帯に撮った陽を受けた写真は黄赤っぽく、蛍光灯下の写真は青っぽく記録します。
それは、カメラが悪いのではなく、カメラの記録が正直なのです。

改めて、人間の目の優秀さと、貴重さを感じます。
(色かぶりは、Adobe Photoshopなど汎用の画像編集ソフトで修正できます)  


Posted by kazuworks at 13:02Comments(0)カラー

2009年10月13日

まずパソコンで思い通りに色を作る

おかげさまで九州各地でデジタルカラーのレクチャーをすることになりました。

まず、初歩的な方はMSのWord等で、自由に思通りに色を文字やセルにつけることから。
プリセット(事前にカラーパレットに格納されている色)の色だけでは鮮やかすぎたり、色が単純で文書や制作物にも説得力が出ないばかりか、読みやすさも失われます。

もちろん、クリエイティブの現場で使われるAdobeイラストレータもベースに扱い、効率的な理論にのっとった「自由な色の作り方」をレクチャーします。
行き当たりばったりの色では付加価値もありません。

特に色彩学を修めた方は、カラーホイール等からの感覚的な色の出し方では納得がいかないはずです。
色を作る理由もあわせてご説明しています♪

ぜひ、リクエストして下さい。
出張のレクチャーもいたします。  


Posted by kazuworks at 09:37Comments(0)カラー

2009年10月10日

時代のニーズは「心地良さ」に向かっています

鹿児島のカラーデザインやディスプレイ、そして屋外広告。
色々リサーチしますが、まだまだ自己主張の強い、補色使い(色相環の対角線にある色同士/一番お互いの色を刺激します)や、ルールの無い高彩度の多色使いで「目立つ事優先」のものが多々ある事は事実です。

しかし、鹿児島から一転、我が国のデザインや環境色彩の事例に目を移すとカラーデザインが「心地良さ」に向かっているのがはっきりわかります。

つまり、目立つだけの旧来の考えや派手なだけのカラーデザインでは、情報がしっかり伝わらないばかりか、企業イメージが逆にマイナスに働いてしまうリスクだってあるのです。

肝心な事は、イメージやコンセプトを色を使ってストレートに伝達する事。
そして、イメージを上げる視覚的に心地良いカラーデザインを心がける事ではないでしょうか。  


Posted by kazuworks at 20:41Comments(0)カラー

2009年10月08日

鹿児島でカラーの講演が好評です

おかげさまで、当カラーコンサルタントにも、鹿児島内外から「カラー/色彩の講話を」と要請をいただいております。

内容も色彩心理から、パーソナルカラー、カラーコーディネイト、就職支援そして環境色彩と多岐にわたり、皆様のカラー/色彩への注目度が上がった事を実感します。

特に近年は「ストレスとの上手なつき合い方」として当方の医療や教育現場での臨床例をフィードバックした「色彩心理」の内容をリクエストしていただく事が増えました。
特別な器具や色材を入手する必要の無いカラーセラピーは広い分野で好評をいただいております。
身近な色のついたものや、色鉛筆、パステル等でカラーセラピーは可能です。
もちろん、ご自身で今日から生活の中に取り入れ活用できます。

また、社員研修や、福利厚生、そして様々な団体、法人様の要請も随時承っており、内容もリクエストいただいた内容でカラーの専門家の見地からお話しさせていただいています。

お気軽にイルドクルール鹿児島まで御問い合わせ下さい。
次年度のご予約も承っております。
電話/099-224-7302
メール couleurkagoshima@aol.jp  


Posted by kazuworks at 15:23Comments(0)カラー

2009年10月07日

デジタルカラーデザインご受講御礼



一昨日からスタートの、通信講座「デジタルカラーデザイン磯講座」
http://www.knowledge.ne.jp/lec1699.html

おかげさまで、初日から受講のお申し込みをいただき、各位受講をスタートしておいでです。
「プリントアウトして通勤中読んでいます」とのお声も。

形態は、ネットで教材を毎月配信するもので、内容についての質問等はサーバー内のメッセージや一般のメールから行える双方向サービスです。

なかなかレクチャーしてもらえないデジタルカラーのABC、ぜひこの機会にご検討下さい。

画像は講師/長 和洋/イルドクルール  


Posted by kazuworks at 13:49Comments(0)カラー

2009年10月05日

デジタルカラーデザイン基礎講座

通信と言う形で、特に忙しい方々へ「デジタルカラーデザイン」の通信講座を今日からスタートさせました。

教材配信は月一回なので、ご自分のペースでじっくり身につけて行けます。
もちろん、質問等も随時御受けします。

長文になるテキスト、目が疲れますのでA4横で印刷いただけるPDFデータとして教材も準備しています。

システム(ナレッジサーブと言う通信講座のサーバーを使います)で、初月は無料体験ができると書いてありました。

回を重ねるごとに充実させます♪
あくまでもカラーの実践に力点を置いてわかりやすく説明します。

デジタルカラーデザイン基礎講座
http://www.knowledge.ne.jp/lec1699.html  


Posted by kazuworks at 20:54Comments(0)カラー