Posted by at

2011年01月31日

まだまだ私たちのカラーの伝え方が足りていません





鹿児島のカラーコンサルタント、イルドクルールの長和洋のカラーブログです。
今日もライブな色彩学、パーソナルカラー、色彩心理、カラーセラピー、カラーデザインの話題をお伝えします。
さて、今日お伝えするカラーの話題は「先日のカラーイベントについて」です。


先日JR九州様の主催でカラーイベントを実施させていただきましたが、九州各県遠い所からおいでいただき、そしてイベント後もお喜びのメッセージやお声をいただいています。
「本当に知りたいものがあったとき、物理的な距離は関係ない」とお教えいただくと同時に、
いかに私たちカラーの専門家の、カラーの伝え方が足りていないかを痛感しました。

イルドクルールのカラーリストやカラーセラピストは九州各県で活動しています。
これからもっと地域で普遍的にカラーを「楽しくて面白くて、そして役に立つもの」として、あらためてアナウンスして行く心つもりです。

三枚目の画像は当日のスタッフ、菊池、國武、坂本(敬称略)です。
ちなみに、一目でパーソナルカラーもおわかりでしょう、手前からWi、Su、Suです。  


Posted by kazuworks at 14:07Comments(0)カラー

2011年01月29日

ブライダルとカラー



ブライダルを控えた方にとって、カラーはとても重要な意味を持ちます。
よくある、ドレスの選定。
色に悩みます、スタイルに悩みます、ファッションテイストに悩みます。

パーソナルカラーを知る事で、イメージコンサルティングを受ける事で画期的に解決します♪
つまり、色の問題でも、「赤」がお好きなら、その赤の中で貴女にベストマッチな赤がある訳ですが、それはスタイリストさんや一般のコーディネイターさんではわかりません。
カラー/色彩の専門職、カラーリストが貴女の個性の色をリサーチして、一番フィットする、貴女が輝く色を探してさしあげます。

当然、個性のタイプがわかれば、色はもちろん、ヘアスタイル、ドレスのテイスト、すべてトータルにコーディネイトができます。
せっかくなら、招待状、式場、ウェルカムボードまで「パーソナルカラー」でプロデュースするとオンリーワンのブライダルが実現して、忘れられない一日になります。

ブライダルが決まったら、一番にやる事。
それはパーソナルカラー診断です♪
JR鹿児島中央駅前のイルドクルールにご相談下さい〜

鹿児島 OFFICE/鹿児島市中央町22-16-309
TEL.099-213-5185
http://idckagoshima.web.fc2.com/index.html  


Posted by kazuworks at 16:07Comments(0)カラー

2011年01月27日

カラーを学ぶための大事なポイント

鹿児島でカラーを学ぶ方々に常々アドバイス差し上げている事があります。
「カラーは学んだ後が大事、フォローしてもらえる所で学んでください」と申し上げています。

つまり、カラーは自己研鑽であれ、生涯教育であれ、またプロ指向の専門家養成であれ、学んだあとからいくらでも疑問や解決できない問題が出てくるものです。
テキストや通信で学ぶ検定では、誰もフォローしてくれません、また責任も取ってくれません。
それはそこに生身の「師」と言われる人が居ないからです。
よく申し上げる「何を学んだかではなく、誰に学んだかが大事」
と言う事は、つまりそういう事です。

ぜひ規模の大きい教育機関や学校、大学であれ、個人的なレクチャーであれ、
しっかりフォローしてもらえる所でカラー/色彩を学ぶ事が将来的に大きな実を結ぶ近道です。  


Posted by kazuworks at 19:52Comments(0)カラー

2011年01月26日

カラーを仕事に、カラーをライフワークに鹿児島で♪



来月2月は「カラーの学び方セミナー鹿児島」をご要望に御応えして開催します。
今回は2月19日土曜日10時からと14時からそれぞれ約90分間開催します。

近年は「カラーで社会貢献の道を模索しています」とおっしゃる方も増えて来ました。
色んな新しいカラーの情報も提供致します、ぜひご検討下さい。

「カラーに興味があるけど何を学んで良いのかわからない」
「自分がどのカラーのジャンルにて適性があるのかわからない」
など、ご質問やお悩みもお持ち下さい。

★参加は無料ですが、事前の予約が必要です。
定員になり次第受け付けは終了致しますが、個別のカラーの学び方相談会はご要請に応じて随時受け付けております、お気軽にお問い合わせ下さい。
イルドクルール鹿児島(JR鹿児島中央駅前)
電話 099-213-5185
メール couleurkagoshima@aol.jp
セミナーはイルドクルール鹿児島/甲斐を予定しています
↓WEBサイトはこちらをご覧下さい
http://idckagoshima.web.fc2.com/index.html

★イルドクルール鹿児島ではこの春、下記のカラー講座がスタートします(一例)
パーソナルカラーリスト養成講座
色彩心理カラーセラピスト初級講座
色彩心理カラーセラピスト養成講座
イメージコンサルタント養成講座
ワードローブコンシェルジュ講座
デジタルカラーデザイン講師養成講座(福岡のみ)
色彩検定対策講座
ファッション画レクチャー
ほか  


Posted by kazuworks at 11:39Comments(0)カラー

2011年01月25日

理由のある色/カラー名刺



イルドクルールの新しいスタッフさんのための、カラーの名刺が出来上がりつつあります。
いずれもカラーの先進国フランスの伝統色を採用。

一人一人の個性を最大限に考慮、意味のある色を使っています。  


Posted by kazuworks at 23:34Comments(0)カラー

2011年01月25日

スポーツとカラー、Twitterのまとめ

サッカーチームにあっては、カラーデザインにおけるコンセプトのぶれは致命的です。例えば、今回J1アビスパ福岡は「世界の海に旅立つ船乗り」のイメージでユ ニフォームをリニュ。
繊細なボーダー柄も入りましたが、「猛毒を持つ毒蜂Avispa」というコンセプトはもう何も見えません。ヴォルカ鹿児島はこうならないように初志貫徹をお願いしたいと思います。

スポーツにあっては、ご存知の様にメンタルな部分が大きく影響します。今回大躍進をとげたテニスの錦織選手も、(もし、たら、はありませんが)ユニクロの 「赤」でなければ、まだ平常心に近く自分のプレイが可能だったであろうと残念です。極限の状態で、色は心理的に大きく働きかけますね

なので、レベルのちがいはあれ、スポーツにあっては「色/カラー」は第二の大事な戦力なのです。常勝チームや、常勝のアスリートはもう早くから気づいたり研究して取り込んでいる事です。当然、ないがしろにしたり、軽視するチームやアスリートは現状維持です。

↓西日本新聞によるアビスパ福岡の新ユニフォームの報道と画像はこちらをご覧下さい
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/222923

  


Posted by kazuworks at 11:37Comments(0)カラー

2011年01月24日

メイク講習〜ブラッシュアップ講座



イルドクルールでは鹿児島のカラーリストさん対象に、ブラッシュアップ講座としてメイク講習を定期的に実施しています。
また、鹿児島代表/甲斐の方で個人的なレッスンも対応しています。

パーソナルカラーでレディメイドで揃えられたコスメもありますが、今一番人気はオーガニック/有機的な自然な発色のカラーコスメ。
もちろん、イルドクルールではその豊富な色からオリジナルカラーセットもチョイスして提案差し上げていますが、カラーリストの腕の見せ所は、数あるコスメのカラー群の中からお客様一人一人に一番フィットする色を提案して差し上げたり、また複数色を混色してオンリーワンのメイクを提案することにあります。

ぜひ、一目置かれるカラーリスト、指名されるカラーリストを目指す方は、メイクのカラーの腕も磨いてみてはいかがでしょう?

画像は研修中の國武さん、久保さんです(楽しそうでしょう?)。  


Posted by kazuworks at 17:17Comments(0)カラー

2011年01月23日

カラーセラピスト甲斐さんの新しいツール



イルドクルールのカラーセラピスト甲斐さんが、新しいカラーツールを作って持ち歩いてます。
これからますます鹿児島県内で色彩心理カラーセラピー関係のイベントや講演が続き、より多くの方々の前で解説やお話をする機会が増えます。
さっそく、今月のカラーセラピーイベントで初のお目見えです。  


Posted by kazuworks at 13:55Comments(0)カラー

2011年01月21日

カラーのコンシェルジュです

私たちは、鹿児島で一面的なカラー/色彩の専門家としてではなく、カラー/色彩については何にでも御答えできるプロフェッショナルを目指してこれまで皆様にお世話になって来ました。

これからも、「カラー/色彩のことはあそこに聞けば間違いないから」、そう言っていただけるよう、ますます切磋琢磨して参ります。

カラー/色彩の相談デスク「カラーコンシェルジュ」はこの春リニューアル、ワードローブの専門コンシェルジュも加わってリスタートしました。
これからも鹿児島の皆様に喜んでいただけるサービスを提供して参ります。

★カラーコンシェルジュサービスの詳細ページはこちらをご覧下さい
http://www.e-sikisai.com/concierge.html  


Posted by kazuworks at 01:08Comments(0)カラー

2011年01月20日

新名物より、本来の名物をアピール

報道によると、すっかり九州各県は新幹線開業に向けて「新名物」を売り出し中と聞きます。
今までに無かった新名物お菓子や、B級グルメと企画も次から次に出ているようです。

ちょうど、私たちカラーの専門職からすると、パーソナルカラーともシンクロする部分があります。
パーソナルカラーは、その人が本来持っている個性美にスポットを当て、その人の素晴らしさを最大限表現する考えです。
よくある「ハリウッドメイク」や「女優メイク」や流行を追いかけるものではありません。
その方の個性の肯定が中心なのです。

JR九州の各駅にも、その地域の良さを存分に生かした素晴らしいオリジナリティある新名物が並ぶと嬉しく思います。

  


Posted by kazuworks at 14:54Comments(0)カラー

2011年01月19日

阿久根の皆さんへ

ここ数年、阿久根市市街地を通るたびに首をかしげていました。
そうです、無尽蔵に増え続けるシャッターアートと言われるペイントです。
費用もかかるはずですし、労力もかかります。
「誰が描いていらっしゃるのだろう」…そう思って今日まで来ました。

ただ、テーマ的には根拠がわからないものや、統一したテーマも無く、また悪く言えば「行き当たりばったり」。
逆に阿久根のイメージを下げてしまう可能性もあります。

また、今朝の報道でも拝見しましたが、著名なキャラクターや絵画等も素材に扱われていますが、著作権云々にも事は及びます(消防署の壁画は確かにひどいものでした)。
描かれた方は、「パクリも文化だ」とおっしゃっておられるそうですが、モラルの無い作家の起用法も問題があったようですね。

まだ、阿久根の子ども達の絵画を使う方が理にかなっており、新しい市政に期待します。

※実際のアートの状況がわからない…とご指摘いただきましたので、中立な立場で今朝の朝日新聞の報道をリンクしておきます↓
http://www.asahi.com/national/update/0118/SEB201101180033.html  


Posted by kazuworks at 11:55Comments(0)カラー

2011年01月18日

いい加減な、著作権の扱い

よくカラーの世界にはある話だそうですが、昨年、鹿児島のある団体の集まりで配布されたという配布資料かなにかに、イルドクルールの色彩心理のテキスト資料の原文がほぼそのまま転載されていました。

その団体様の名誉のために団体様名称は公表は出来ませんが、カラーの世界、転載や流用が後を絶たないそうです。
当方は、カラースクールだけでなく、諸教育機関や大学でもレクチャーの中に「著作物の慎重な扱い」は必ず盛り込みます。

転用された方に小さな事は言わない事にしますが(笑)、意識が低い業界と言われないよう今後も啓蒙を続けます。  


Posted by kazuworks at 16:58Comments(0)カラー

2011年01月17日

グローバルなカラー情報

さすがにこんな時代です、「鹿児島だから出来ない」と言う事は少なくなりつつあります。


カラーの世界も、鹿児島に居ながらにして、グローバルなカラーの情報を入手したり、逆にこちらから発信したりも日常的に可能ですね。

画像は昨年のカラーの意識調査、世界でわずか1,300人程度の調査ですが、貴重なカラーの意識調査です(本来データを取る場合はこの人数では公に認められないケースが多いでしょう)。

なかには実に興味津々な結果も出ており、目が離せません。  


Posted by kazuworks at 18:48Comments(0)カラー

2011年01月16日

男性のパーソナルカラー診断、増えました♪

今日もいらっしゃったカラー診断のお客様は男性。
カラーだけでなく、トータルなイメージコンサルティングまでご希望でしたので、詳細なコンサルティングの後、デパートや主要商業施設に入るメンズのショップを具体的に提案させていただきました。
イルドクルールでは、個性にぴったりのネクタイの柄やシャツの柄、スーツやコートのテイスト、メガネや時計のテイスト、素材、そして靴のトゥー(つま先)の形まで、全身もれなくアドバイスさせていただきます。

さぁ、あとはカラースゥオッチ(色見本)を携行してショッピングが見違えるほど楽しく、そして無駄がなくなる事でしょう。

もちろん、ONだけでなく、OFFの装いについても情報は沢山持ち合わせております、ご安心しておいでください。  


Posted by kazuworks at 17:14Comments(0)カラー

2011年01月16日

パソコンモニターに付いて、Twitterのまとめ

昔から言っている事ですが、カラーを仕事にしている人に限って、パソコンやワークステーションのモニターの色がガタガタだったりします。制御方法をご存じ ないのか、ずぼらなのか、または「自分のマシンに限って…」との思い込みか、の結果でしょう。適正な色を表示できなければ色の吟味は出来ません。

パソコンのモニターがいつも正しい色を表示しているなんて、まったくの誤解です。メーカーごとの個体差もあります、劣化もあります、また自己流な目視に よっての調整で逆に不正確な画面色調整になります。色覚にも個人差があるため、自分の色覚では調整しないことをおすすめしています。

イルドクルールではニーズごとにパソコンやワークステーションの、適正な調整法をお伝えしています。  


Posted by kazuworks at 13:18Comments(0)カラー

2011年01月15日

インテリアもカラーでアピールする時代



これまで、そうでなかっと言う事ではないのですが、近年、カラーを全面に押し出してインテリアや内装を提案する時代が来ています。

イルドクルールでは、単に調和がとれているだけでなく、色彩心理的に「どういう効果が望めるか」もご提案しています。  


Posted by kazuworks at 14:03Comments(0)カラー

2011年01月14日

センター試験受験生のみなさんへ今日のTwitterのまとめ

鹿児島や九州でセンター試験受験者の皆さん。
まだ間に合いますので、ブルー系の柄のあまり無いハンカチを手に入れて試験会場に出向いて下さい。ピンクや赤、オレンジ系は 逆に興奮色/交感神経を刺激するとデータが出ており、試験にはマイナスです。ブルーのハンカチを机上に置いて、集中とクールダウンで実力発揮!

センター試験受験者の皆さん(続)。やること(勉強)はやった、ゲンかつぎGoods は持った、天神様のお守りは胸にしまった。あとは、カラー/色彩のアシストで平常心で試験に臨む事です。クールダウンして集中すれば、ケアレスミスも減 り…ってか受験生、Twitterとか見てないよね〜(笑)  


Posted by kazuworks at 16:04Comments(0)カラー

2011年01月14日

何を着て良いかわからない、シニア世代へのイメージコンサル



私たちのカラーコンサルタント事務所では、もちろんトータルでのイメージコンサルティングも可能です。

明日も男性のお客様が「ふだんのビジネスのアイテム(スーツ/ネクタイ/小物)について知りたい」と、おいでになります。
また、セカンドライフを御送りの方は「背広を脱いだら(会社を辞めたら)何を着て良いかわからない」と、よくおいでになります。

ちゃんと、効率よいアドバイスさせていただきます。
ぜひ、ご相談下さい。
カラーだけでは一面的で、ブランドやショップも曖昧です。
トータルにイメージコンサルティング。
テイストからデザイン、素材、そしてショップのご提案まで差し上げます。

※今日は個人情報もあり、差し支えない画像が無かったので、私の写真をアップします(笑)  


Posted by kazuworks at 13:44Comments(0)カラー

2011年01月13日

鹿児島の観光を考えるなら

新幹線開業が目前です。
しかし、九州の中には「何か名物を作らなければならない」「何かランドマークを作らなければならない」とお考えの地域もあるようです。

しかし、本来は、何か新たに作るのではなく、本来あったカラーに着目し、その地域色を全面に出して行く方があるべき姿だと考えます。

例えば、福岡市では歴史的検証も不十分なうちに「福岡城」の天守閣を復元しようという気運が高まっています(その天守閣の存在は古文書にも確認されていません)。
鹿児島で考えると、平城であった鶴丸城に天守閣を無理に再現するような愚行です。

私たち鹿児島は鹿児島のカラーで、慌てず騒がず、どっしりと構えて取り組みたいですね。  


Posted by kazuworks at 18:23Comments(0)カラー

2011年01月12日

光と発ガン/Twitterのまとめ

光と発がん性の関係についての今日のKazuworksのTwitterをまとめてみました。

光と発がん性の関係について。芸能人の死亡原因にガンが多い事が気になってカラー/色彩学の講師間でも話題でした。ただ、ガンは一般的にも発症し、芸能人 に特化する訳ではないのですが、光を電磁波と考えた場合可能性はあり、今回の産業医科大の河野教授の研究結果が気になります。

さすがに医学にも生物学にも素人のカラーリストが発言する事ではないのですが、長い生命のバランスは絶妙の奇跡の中に成立しています。24時間のなかでほ ぼ半日、私たちは強烈な太陽光(電磁波)を浴びて生活しています。では芸能人と言われる方々は当然ライト等で普通以上の電磁波を浴びているはず。

黒い袋で光を遮断したトマトは早期に枝から落ちます。太陽光や強烈な光が良い悪いと言う論ではなく、生命の維持においては長年のバランス、つまり適量な太 陽光線享受ということが必要なのでしょう。引き続き、産業医科大、河野教授とWHOの見解を注目して行きたいと思います。

この事は、次回イルドクルール/カラーコンサルタント養成講座でも討議したいと思います。  


Posted by kazuworks at 15:51Comments(0)カラー