スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2015年10月22日

10月22日の記事

colorist kagoshima

鹿児島や九州、標準光パーソナルカラー診断はどこに行けば受けられますか?

ますますそう言うリクエストが増えて来ました。
イルドクルールで色彩/カラーを専門的に修めたカラーリストだけが使用するカラー診断専用標準光アシストライトは、下記リンクの九州のカラーリストと、北は北海道、南は鹿児島、そして香港と台湾まで。
(香港、台湾のカラーリストについては直接当方におたずね下さい)

NG light kagoshima

カラー診断専用標準光カラー診断は現在の最高水準値の色の的確に、正確に判断できる光源を使っています。
画像のような不適切な光源や、環境下ではいかなるカラーリストでもカラー診断はできません。
また、パーソナルカラー診断はカラーリストが行います。カラーイベント等で参加者同士でカラー診断をし合うのは適切ではなく、責任の所在が無く本来の姿ではありません。
同じく、カラー診断の自己診断は意味がありません、かならず最寄りの専門の教育と訓練を受けたカラーリストにご依頼下さい。

▼鹿児島や九州、カラー診断専用標準光カラー診断ができるカラーリスト
http://www.e-sikisai.com/link.html


おかげさまで九州で21周年
カラーコンサルタント/カラースクール
イルドクルール
http://www.e-sikisai.com
電話092-731-0365
メール japancolorbank@aol.com





  


Posted by kazuworks at 16:14Comments(0)

2015年10月11日

パーソナルカラー3.0とは@鹿児島

パーソナルカラー3.0

光源が異なれば目の前の色は変わります。
色に関わるほとんどの専門の現場では、当然、精度の高い色の判定や比較、評価をするために、徹底した照明の管理を行います。

でも、この点を、カラー診断をなさる日本のカラーリストと言われる方々がどの程度実行なさっておられるかは不明です。

画像は準白熱ランプの色温度下での花の見え方と、曇天の外光による花の見え方です。
でも、多くのカラーリストが気にしませんが、光源で一番変化して見えるのは人の肌の色で、それは単純に色温度だけの問題ではないのです。


color kagoshima1
color kagoshima2

私たちイルドクルール鹿児島と、イルドクルールでカラー/色彩を専門的に修めたカラーリストだけが使用するパーソナルカラー診断専用標準光アシストライトは、現時点での最高水準値の色が的確に見える光源セッティングです。

私たちは、最高水準値の光源を使って鹿児島県全域で誠心誠意のパーソナルカラー診断を仕事にしています。

色が正しく見える標準の光/アシストライトは、カラーリストのサロンだけでなく、高校や大学、専門学校の授業はもちろん、色が正しく見えなければ成立しない鹿児島県下のカラーのイベントやセミナー、レッスンでも使われています。
(例えば、鹿児島市山形屋における山形屋文化センターや鹿児島山形屋店内のカラーイベントやレッスンにもイルドクルールWEST/甲斐綾子が、県内各地での色彩講演や講座で、イルドクルールEAST/中之薗恵美子が使用していますのでぜひ「色が正しく見える標準の光」をご体験下さい。)

色と光に専門的な知識とスキルを持ったイルドクルールと、イルドクルールで専門スキルを修めたパーソナルカラーリストをぜひご検討下さい。
もちろん、色のご相談は何でもお寄せ下さい。

▼鹿児島はじめ九州各地のカラーリストやカラーの専門家のリンクです
http://www.e-sikisai.com/link.html


おかげさまで鹿児島で21周年
パーソナルカラーはVer3.0の時代へ
カラーコンサルタント/イルドクルール

http://idckagoshima.web.fc2.com/